沖縄移住web人アフィリエイト雑記

沖縄に移住したカップルがアフィリエイトでダブルフリーランスを目指すための雑記

若者よ聞け!上司の言うことは聞かなくていい!歳を重ねるということは

「若者よ聞け,歳を重ねるということは年を取るのとは違うということだ」

冒頭から説教じみたコトバですが,後に続くコトバとして「50代後半に差しかかるサラリーマンよ60歳で定年し,若者に道を空けろ!」と付け加えておく

歳を重ねると年を取る

歳を重ねると年を取るは意味が違う

歳を重ねるというのは縦方向に重きを置き経験や知識が積み重なり「積み上げ棒グラフ」という意味と捉え,年をとるというのは横方向に時系列に並んでいる「折れ線グラフ」と捉えることが出来る

知識や経験は積み上げていけばどんなにくだらないことでも蓄積されてくるが,体力や気力はある年齢をピークに下降する

だから「年を重ねた」ではなく「歳を重ねた」であり,「歳を取った」ではなく「年を取った」と思っている

ヒトはどれくらい先のことが見えているのか

ヒトは一体どれくらい先が見えているのだろうか

4歳まではその日のことか明日のこと,つまり今日何する?明日は遊園地に行く程度の先しかわからない

5〜7歳になると1週間先くらいは見えてくる「今度の日曜に◯◯しようね」「来週の休みには▲▲しようね」

8〜10歳になると1ヶ月先は見渡せる「来月◯日に□□へ行く」

10歳〜13歳(中1は微妙だが)になると3〜4ヶ月,つまり学期ごとに分けて考えられる

13歳〜16歳くらいになると1年後はこうやってるだろうな,こうなってるだろうなと理解できる 1年は長いようで短い その先が見えないのに身体だけは大人になっていくので精神状態が不安定になってくる いわゆる思春期

16〜18歳になると3〜4年先までは見渡せる(人によってはまだ思春期が続いている場合もありますが・・・・)これは受験などを経て「3年後はあんな事やってるんだろうな」くらいだ

18〜22歳位になると4〜5年先までは見える 今の学校で就職はどこに行くとか,職場で5年先は「こんな感じかな」といった具合だ

22歳〜30歳になると大きく変わってくる 5〜10年と人によってスパンが変わってくる 職場でどれくらいのポジションにいる,あるいは結婚して子供がいるなどと環境によって変化がある

30歳を過ぎると10~15年先まで見えてくる 一般的には社会人として大きく羽ばたく時で,そのヒトなりの会社でのポストだったり家族の中でのポジションだったりするが,経済的に安定していると「この世はオレを中心に回っている」くらいの気持ちになっており,その後のコトは考えられない(考えない)

40代になると20年先くらいまで見えてくる それは「定年」の頃だ 今のままだと「定年」の時はこんな感じかなというのがうっすら見えてくる

そして50代に突入する 最初は大きな変化を感じないが,次第に気力・体力の衰えを感じ始めるが,それを肯定すると自分が負けてしまうと思い自らを鼓舞するかのような立ち振舞になる この頃は定年から先10年程度はわかっている

40代の頃は20年先が見えていたのに50代になると10年先しか見えない いや「見ない」のだ おそらく,それから先も分かっているが考えないようにしている

それは「死」に向かっていくことが分かっているからだ これは年を取るということなのかもしれない

webエンジニアの転職 レバテック →

年を取るということは

よく年を取ると1年が早いという

そりゃそうだ 20歳の1年は1/20だが,50歳の1年は1/50だ 分母が大きくなれば分子は1で変わらないのだから当たり前である

しかし,この早さは驚くほどだ なんせ20代の頃が昨日のように思えてくる・・・・わけないが,チョット前のように蘇るのは事実だ

だから若者に「昔はこうだった,あ〜だった」と言いたがる 野暮だ!・・・・と言っておきながら自分も言ってるんだと考えるとゾッとするがww

年を取り,齢(よわい)50を過ぎてくると病に倒れる方も多いが,腰が痛い,肩が痛い,膝が痛いなど体のあちらこちらにガタがくる ほんのちょっとしたことでも明らかに若いときと違うのだ

その痛みは過去に経験した痛みならどれくらいの痛みで,どのようにして回復したかを経験則で耐えていく それで回復しなければ医者に行く 過去に経験したことのない痛みなら医者に行き判断を仰ぐ 精神力では持ちこたえられない

年を取るということは時系列に体力の衰えもあるが,アタマが頑固になったり物覚えが悪くなる 認知症ではなく,物忘れが多くなる

これはいわゆる脳の老化によるものなので仕方ないことだ。

だから若者と話をする時も「ホラ,あれだ,その◯◯に▲▲してるやつ・・・」 若者が「???」となると「そんなこともわからんのか!」と怒り出す

これは自分が忘れているコトバを思い出さない腹立たしさと,若者に対して「知らないと思われてるんじゃないか」と自分勝手に恥ずかしいと思い込み,怒り出すのだから始末が悪い

そんなヒトが職場で「オレは上司で昔バリバリでスゴかったんだから,お前らはオレに従え」というのはとんでもない話だ

若者よ,コトバすら出てこないヒトの説教は聞く必要はない

50過ぎて会社にのさばっている方々,早く身を引いてあげて下さい 分かっているんでしょ?自分で思うようにならないから怒り出すってこと

歳を重ねていくということは

歳を重ねていけば経験や知識が増える

無意味に歳を重ねることなどないのだ

どんなことにも意味がある

だから若者よ!歳を重ねた人の話は聞いても損はしないが年を取った人の話は聞かなくていいってコトです!

カッコつけでもいい,キレイな歳の重ね方をしたいものです