沖縄移住web人アフィリエイト雑記

沖縄に移住したカップルがアフィリエイトでダブルフリーランスを目指すための雑記

那覇街歩き 葉加瀬太郎も絶賛 金壺食堂の精進料理はオススメ

沖縄の人は那覇の街歩きといっても国際通り近辺にはあまり歩きまわらない

私は島ナイチャーなので結構歩きまわります。

しかし、最近は中国からの観光客が多く、国際通り近辺も外国語ばかりが耳につきます。

そういいながら市場の周りは日本人観光客や沖縄の人も多くいます。

市場の周りをぶらり散歩も悪くはないです。

ぴったんこカンカンで葉加瀬太郎絶賛のスポット

ぴったんこカンカンで葉加瀬太郎が沖縄に来て行ってみたいところがあると訪れた食堂があります。

金壺食堂といい、市場本通りを抜け、やちむん通りに差し掛かる途中の路地にある食堂です。

いたって一般・・・よりひっそりした趣の食堂です。

ここは台湾の精進料理のお店です。

身体に優しい料理はバイキング形式で楽しめます。

お粥と一緒に食べればお腹もいっぱいになります。

しかも財布にも優しく600円とリーズナブルです。

お昼時は観光客や地元のお年寄り夫婦や、那覇マダムwでいっぱいです。

金壺食堂のちまきは有名で、もち米、黒米に、大豆、しいたけ、大豆をお肉のように調理したものなどが入って250円とリーズナブルだが、間違いなく午前中で売り切れます。

冷凍してあるものはいつでも購入可能です。

葉加瀬太郎さんが収録で来られた時は、食事が終わって2時間ほどご主人と話をしていかれたと言ってました。

私もたまにしか行かないのですが、ご主人はしっかり覚えてくれています。

こんなところも嬉しく思ってしまいます。

(右の青いTシャツの方がご主人です)

葉加瀬太郎さんもとても満足したと絶賛していた金壺食堂は、観光で来たときだけでなく、那覇に住んだ場合でも必ず立ち寄って見る価値があるお店です。

雰囲気最高のCafe Street

公設市場の近くの路地にあるCafe Street は市場の人はもちろん、地域の人から観光客まで訪れる、オープンテラス?なカフェです。

東南アジアの路地に迷い込んだような気分に浸りながら、路地裏で飲むコーヒーは格別です。

市場や地域のお店などに配達もしています。

コーヒーは自家焙煎でCHATAN COFFEを使用しています。

コーヒー1杯250円とこちらもリーズナブルで,散策疲れした時にピッタリのお店です。

コーヒーチケットもあるので、那覇に住んだ場合は通うのも楽しいかもしれません。

2017年夏に惜しまれながら閉店しました