沖縄移住から名古屋移住のweb人アフィリエイト雑記

沖縄に移住していたが、故あって名古屋へ移住したカップルがアフィリエイトでダブルフリーランスを目指すための雑記

仕事にありつけない日々、海外大手ブランドの在宅勤務に応募してみた

名古屋に来て4ヶ月が経過しましたが、仕事にありつけていないのが現状です。

良く言えばフリーランス(好んでなったわけではないのですが・・・)です。

普通に言えばプータローというわけです。

相方のpeecoは元々在宅勤務なので場所が変わっても問題ないため、1ヶ月のブランク後 復帰しています。

GENさんは前職もパソコン関係で仕事していたし、得意分野のパソコン関連の仕事は簡単に見つかるだろうと、タカをくくっていたのですが、結構厳しい現実を目の当たりにしています。

今やpeecoのヒモ状態で、肩身の狭い思いをしています。

某大手海外企業の在宅勤務に応募してみた

名古屋へ引越してきた当初、海外大手の某メーカーの在宅勤務アドバイザーでもしようと応募しました。

申込みは企業の求人ページから必要事項を記入して送信するだけという簡単なものでした。

パソコン画面越しの一次面接はOKでしたが、最終面接で「前職におけるアナタの勤務状態を100点満点で評価してください」と言われ、過大評価も何だしなぁと思い、謙遜して「75点〜80点くらいです。」と答えると「ん?自己評価が低すぎますね。そんな感じだったのですか?」と返ってきた。

しまった、海外企業は自分の評価を謙遜してはいけなかった!自己アピールをキッチリしなければ訴求不足になってしまう!

思った時は「すでに遅し」です。

今まで、にこやかに話していた担当者の顔色が明らかに変化したのが分かりました。

結果・・・・不採用!     下手こいたから仕方ないかぁ・・・

 

別の大手海外通販の在宅勤務スタッフにも応募しましたが、書類選考だけで「ご希望に添えない結果・・・」となってしまいました。

いくつかの在宅勤務の会社に応募しましたが、どれもダメでした。

採用基準はどうなっているのかは分かりませんが、海外企業は自己アピールがきっちりできることが重要だと感じました。

在宅勤務の環境はどうなっている

在宅勤務の場合、ミーティングや面談のほとんどがSkypeなどによるパソコンビデオ通話になります。

通勤しなくて良いものの、常にビデオ越しに監視されていますので、手を抜くことは出来ません。

時間管理も自分で行うというシビアなもので、大変な仕事とは思います。

 

また、自宅のインターネット環境も重要です。

個室というか、業務に従事できる専用の部屋で、周りの雑音が入らないというのが必要です。

もちろん、緊急車両の音などは仕方がないのでそこは大丈夫なようです。

 

インターネット回線は、セキュリティのため有線接続可能ということが必須となります。

これだけでも結構ハードルが高いのです。

市内のWeb関係の仕事にも応募してみた

peecoの収入もあるので、週4日〜5日で1日6時間程度の仕事を探していました。

残りの時間をサイト制作・ブログ作成に時間を費やすためです。

 

名古屋市内にあり、勤務条件にも見合っており、在宅で仕事ができるWeb関連の会社を探し出し、2件 応募してみました。

課題に記事ライティングがあったので「自信」を持って、4000文字の大作を提出しましたが、2つとも不採用でした。

1件は丁重に「ライティングは素晴らしいのですが、今回はご縁がなかったということで・・・・」なる回答が添えられてきました。

2社共に平均年齢が20代なので、年齢的にオッサンを採用するより若い人のほうが良いんだろうなという気はしますが・・・なんだか自信をなくしました (泣)

でも、もし使用されたら悔しいので、リライティングして別のブログでアップしました(乾笑)

2社受けたところで気持ちが萎えました。。。

 

年を越すと仕事が少なくなる

こうして2017年後半はプータロー(フリーランス)生活を余儀なくされました。

年末はどこの企業も求人を行っていましたが、年明けしてみると一気に求人が減ってしまいます

 

まぁ、週4〜5日で6時間程度の勤務という甘い条件を受け入れてくれるような会社はありません。

仕方なく(失礼!!)コールセンターの仕事に数件応募しましたが、どこも6時間程度では受けてはくれないようです。

 

ここしばらくは大学や各種国家試験の試験監督の仕事を単発でやっています。

 

あぁ・・・3月末くらいまでには何とか仕事を見つけたいものです。

written by GENさん

 

 早ぉ 働いてくれんと、あたしの稼ぎだけではウチら死ぬよ!

うっ・・・・ハイ・・が、頑張ります(冷汗)