沖縄移住web人アフィリエイト雑記

沖縄に移住したカップルがアフィリエイトでダブルフリーランスを目指すための雑記

【緊急事態】嘉手納基地がスゴイことになっている!臨戦態勢の米空軍

4月15日 北朝鮮が金日成(キム・イルソン)主席生誕105周年を祝う軍事パレードが行われましたが,沖縄県嘉手納町にある米軍 嘉手納基地に米軍戦闘機がいつでもスクランブル発進できるように隊列を整え準備しているようです。

北朝鮮に対しての牽制

言うまでもなく,米国が北朝鮮に対しての牽制を行っているということですが,米軍がホームページやFaceBook,Twitterなどにこのような写真を掲載し,存在感を見せつけるのは異例中の異例なことですね。

米軍は先日,空母カールビンソンを朝鮮半島方面へ配備しています。 それに次いでの行動と思えます。

嘉手納基地のFaceBookページで紹介

嘉手納基地のFaceBookページでアップされていたこの写真は映画の1シーンを見ているようです。

ずらりと並んだF15戦闘機 戦闘捜索救難機のHH-60 ペイブホークを先頭に据え,20機もの戦闘機 F15が並ぶ。 後方には空中給油・輸送機のKC-135 Stratotankersを据え,最後尾に早期警戒管制機であるE-3 Sentries を配備し,いつでも臨戦態勢にあることを表している。

嘉手納基地のホームページにも掲載せれている

Fully armed Aircraft from the 18th Wing conduct an elephant walk during a no-notice exercise April 12, 2017, at Kadena Air Base, Japan. The 18th Wing operates combat ready fleets of HH-60 Pave Hawks, F-15 Eagles, E-3 Sentries and KC-135 Stratotankers, making it the largest combat-ready wing in the U.S. Air Force. Kadena AB provides leading-edge counter air, command and control, air refueling and combat search and rescue operations, enabling theater commanders of joint and allied partners to project and enhance lethal, persistent and flexible combat power in response to adversaries. http://www.kadena.af.mil/

要するに「米軍18航空団司令は,米空軍最大の戦闘準備を行い,いつ何が起きても敵に対して戦闘準備が整っているぜ」ってことです。

kadenaAirBase FceBookページよりシェア】

各国からマスコミなど多くの人が北朝鮮にいる

現在,北朝鮮には軍事パレードなどで各国のメディアやプレス関係者が数多く訪れています。 いわば北朝鮮の捕虜になっているようなものではないでしょうか。

もし,金正恩総書記が全員を捕虜にした場合,果たして米軍は攻撃を行うことが出来るのでしょうか。 とても不安ですね。

もし,ミサイルを発射した場合,日本のどこに着弾するのかも不安ですね。

沖縄県には数多くの米軍施設があり,攻撃の標的には持って来いの地理的条件下にあります。

米国・日本・韓国・中国および北朝鮮を含め各国が大人の対応を行い軍事的衝突が起きないことを期待するばかりです。

Jアラートが鳴らないことを祈るばかりです。