うぇぶ活

沖縄に移住していたが、故あって名古屋へ移住したカップルweb人がアフィリエイトでダブルフリーランスを目指すための活動雑記

続 もらい損ねない年金「得」術教えます!

夫が受給を70歳に遅らせると妻がもらえない「加給年金」裏ワザは?

 加給年金をもらう裏ワザ その1

年金というのは、サラリーマンは通常2階建になっている。

国民年金厚生年金である。

 

加給年金は厚生年金に加算されるものなので、厚生年金だけ65歳からもらい、国民年金は70歳からもらうという裏ワザである。

 

そうすれば国民年金は42%増額分の額を受け取ることができ、厚生年金の加給年金、モデルケースの場合の5年間で約195万円受け取ることもできるのである

 

その手続きの仕方は?

65歳の前段階で、ハガキが送られてくる。

「年金を遅らせますか?そのまま遅らせないでもらいますか?」という内容である。

 

そのハガキにどちらかを遅らすという希望するところにマルをつける欄がある。

 

厚生年金・国民年金を両方遅らす場合は、そのハガキを送らないという方法で意思表示される。

 

そのハガキを送れば、65歳から厚生年金も国民年金も支給される。

 

片一方を遅らせたい場合は、国民年金・厚生年金、いづれかにマルをして送る。

 

つまり65歳で厚生年金と加給年金をもらいたいが、国民年金は70歳まで遅らせて42%増額分をもらいたい場合は、65歳時に厚生年金だけをもらうという方法で、きちんと手続きすると、かなりお得に年金を受け取れるということになる。

 

Written by Peeco