うぇぶ活

沖縄に移住していたが、故あって名古屋へ移住したカップルweb人がアフィリエイトでダブルフリーランスを目指すための活動雑記

不謹慎と言わないで!コロナ渦にGo Toトラベルを利用した体験談

新型コロナウィルスの第二波がやってきたという最中、Go Toトラベルキャンペーンと近隣県対象の長野県旅行キャンペーンを利用し、7月28日〜30日の2泊3日で、愛知県から長野県へ旅行に行きました。

正確には名古屋から上高地へ旅行なのですが、Go Toトラベルキャンペーンの申込や手続きの方法を体験談からお話します。

不謹慎と言わないでください (願)

最初に述べておきますが、この旅行を計画したのが第一波が収まり、近隣県への旅行は良いんじゃないのということで、6月中旬に計画しました。

この記事を書いている時期(8月15日)からすれば、不謹慎な事かもしれませんが、2ヶ月前は不謹慎なことではありませんでした。

まして、名古屋という都市での3密を避けることから考えても不謹慎ではないと思います。

まぁ色々な意見がありますから、何とも言えないところです・・・・・

Go To トラベル 旅行計画

 

名古屋-上高地への移動はレンタカーを借りて、上高地に2泊しようという計画です。

  • 1日目:高速を使い、早めにホテルに入り、近隣を散策露天風呂でゆっくりする。
  • 2日目:朝からバスで上高地へ移動
    大正池河童橋〜明神池 までの3〜4時間コース
  • 3日目:上高地乗鞍高原国道19号線妻籠宿〜名古屋
    高速は使用せず、一般道で名古屋へ戻る

 

 幸い雨の影響も少なく、予定通りの行程で進むことが出来ました。

大雨の影響で、初日はホテルから出られませんでしたが、2日目は曇り時々晴れの天候でした。

 

 

梓川の水量は増していましたが、散策に問題はありませんでした。

上高地は、本来ならこの時期 人が多く、とても混雑するのですが、大雨と新型コロナウィルスの影響で、混雑もなく悠々と散策できたのはありがたかったです。

 

妻籠宿も、本来なら外国人観光客がとても多いのですが、この日のこの時間は5〜6組くらいが散策していた程度でした。

 レンタカーはバジェットレンタカーが安かった

レンタカーは2泊3日で、7月28日 朝8時から返却は7月30日 夜8時で、一番安いコンパクトカーで、9,818円からです。

何かあったら不安なので、免責補償の保険をかけました。

これは1,430円/日です。

合計14,000円程度でした。

しかし、これは安いと思います。う〜〜ん!バジェットレンタカーは安い!

バジェット・レンタカー ←コチラで

宿泊の手配は「るるぶ」で行いました

長野県の「近隣県対象の長野県旅行キャンペーン」で1万円安くなるクーポンがあるというので、それに該当する旅行会社で、Go To トラベルを利用できる、大手を探しました。

るるぶ」が対応していたので「近隣県対象の長野県旅行キャンペーン」から10,000円分のクーポンを発行しました。

(現在は終了しています)

宿泊ホテルは安くもなく高くもないプランで探し、大人2名 2泊で朝夕食付きで62,200円のプランに決定しました。

そこにキャンペーンコードを使用して申し込んだので52,200円となりました。

 

ホテルは可もなく不可もなく、こんなものでしょう。

この料金からすると、初日夕食の料理と2日目の朝食は多少の不満を持ちましたが、2日目の夕食と次の日の朝食は満足できる内容でした。

ビールをちょいっと飲んだので少し高くなりましたが、金額としては、まぁこんなもんでしょう。

ホテルでは53,672円を支払って清算しました。

清算すると Go To トラベルの提出書類となるべく、領収書と宿泊証明書が発行されるので受け取りました。

Go To トラベルサイトで申請を行う

今回は7月22日〜8月31日(9月1日チェックアウトまで)の申し込みですので、支援額の上限が一人最大 20,000円までの旅行代金から35%の還元があります。

9月以降は旅行代金の35%と旅行代金の15%分の地域共通クーポンが貰えるということです。

8月末までの旅行には、地域共通クーポンが無いということです。

しかし、今の状況を鑑みると、早期に終了、あるいは中止になることもあります。

現状で、旅行することが善い悪いは別にして、早めに利用したほうが、間違いなく還元されると思います。

8月末までの旅行の還付申請期間は8月14日〜9月14日ということで、早速申請を行いました。

これで還付金が18,270円戻る予定です。

62,600円の宿泊代金がが34,330円となる訳です。

こ、これは安く上がった!!

goto.jata-net.or.jp

Go Toトラベルサイトへ行き「還付申請について」か一番上の「還付申請をする」をクリックし、移動します。

・事後還付手続きのための必要書類​

  1. 事後還付申請書(様式第1号)
  2. 支払内訳がわかる書類(支払内訳が記載された領収書、支払内訳書等)
  3. 宿泊証明書(氏名、宿泊日、宿泊人数などの情報が記載されているもの)
  4. 口座確認書(旅行者用)(様式第2号)
  5. 口座番号を確認できる書類(通帳の写し、キャッシュカードの写し等)
  6. 代表者の住所が確認できる書類(免許証の写し、健康保険証の写し等)
  7. 同行者居住地証明書(様式第21号)

 

 上記7点なのですが、実際にダウンロードが必要となるのは様式第1号・2号です。

「支払内訳がわかる書類(領収書)」や「宿泊証明書」はホテルや旅館でもらえます。

同行者が別住所の場合は「同行者居住地証明書」が必要になります。

  1. 事後還付申請書(様式第1号) (Excelはこちら) (PDFはこちら)
  2. 口座確認書(旅行者用)(様式第2号)(Excelはこちら)(PDFはこちら)

 

送付先は下記です。

【申請書類送付先】

〒105-0003

東京都港区西新橋1丁目 24−14 西新橋一丁目ビル6階

Go To トラベル事務局 還付申請係 宛

 

すぐに書類を送りましたので、後は入金を待つばかりです。

と、余裕をぶっこいてたら、書類を送った後に「オンライン申請」の受付もOKになっている。

何てこったぃ ww

コチラのほうが簡単・・・・すぎる!だろ

まとめとして

賛否両論ある Go To トラベルですが、キャンペーンを行うと決定した後から新型コロナウィルスが猛威を振るっています。

正直 私はやったほうが良いのか、やらないほうが良いのかはわかりません。

現在の状況からすれば、もう少し後でも良いのかなという気がします。

収束していれば、友人・知人に会いたいので、沖縄へ行きたかったのですが、感染拡大が落ち着くまで我慢です。

ワクチンや治療薬ができるのは、少なくとも来年以降になると思いますので、それ以降にしか行けそうにありません。

後ろめたさを持っての沖縄は楽しめませんからね。